金融庁認可済みの国内FX会社を徹底比較【元証券会社外国為替トレーダーが厳選】

6 min
国内FX会社を徹底比較

これからFX取引を始めようと思ってやる気を出したのはいいですが、「どこを使えばいいのだろう?」と最初は悩むことでしょう。

筆者自身もスタートした時は闇雲に口座開設を様々に行い、色々と試しながら試行錯誤した経験がありました。

そこでFX会社は何十も存在していますが、それぞれFX会社に特徴があるというところに気が付き利用するFX会社を絞っていった経験があります。

ここではFX取引初心者の方が少しでもスタートが切りやすいようにシンプルな特徴別にFX会社を解説していきたいと思います。

気になるFX会社があればすぐに特徴が分かるようになっていますので参考にしてください。

順番は推奨するものではなく、また全く個人的に推奨するFX会社はないように公平な視点で記載しています。そのため全てに置いてメリット、デメリットを記載しており、どのようなトレードをするかで利用するFX会社を選んで頂けるような記載方法にしております。

プロが厳選!FX会社徹底比較

FX会社を選ぶ前に

FX会社を選ぶ前に

最初にFX取引初心者がFX会社を選ぶ前に「あなたはなぜFX取引を行うのか?」という本質的な意味を考えて自分自身で理解するようにしましょう。

それぞれ様々なタイプがあると思いますが、

  1. 収入が減っており、すぐにでも利益を出して生活費に充当したい
  2. 余裕資金があり、その資金を大きく増やしたい
  3. 銀行預金に寝かしていてももったいないから中長期的に資産運用の手段の一つとしたい

このように理由はFX取引を行うきっかけや理由は多種多様でしょう。

まず1.の理由の方はFX取引はしない方がいいと断言します。筆者はFX取引を大学時代から行い経験としては14年程度行なっていますが、1.が理由でスタートしました。しかし振り返って感じる点は

「心に余裕がない状態で取引すると必ず負ける」

ということです。

そのため1.の場合はもう少し収入を増やすことを優先し、預貯金がある程度出来た段階で行う方が賢明と言えます。

これからFX取引をするに当たって「心に余裕を持っているか」はとても大事であり、トレードに影響するので自分に嘘をつかずに考えてみてFX取引を行うか判断しましょう。

DMM FX

DMM FX

最初はDMM FXです。ここは写真の通りローラが看板となっていて、ご覧になった方も多いかもしれません。

DMM FXのメリット
  1. スプレッドが狭い(実質の取引手数料が安い)
  2. アプリがFX初心者でも使いやすい(操作が簡単)
  3. 口座開設が手軽(スマホでスピード本人確認というサービスを実施 最短1時間で取引可能)
  4. テクニカルチャートが充実

DMM FXのデメリット
  1. スプレッドが狭い(実質の取引手数料が安い)
  2. アプリがFX初心者でも使いやすい(操作が簡単)
  3. 口座開設が手軽(スマホでスピード本人確認というサービスを実施 最短1時間で取引可能)
  4. テクニカルチャートが充実

DMM FXに向いている投資家
  • 「FX取引が初心者でまずFXの基本的な操作を覚えたい方」
  • 「スキャルピングトレード(超短期売買を行いたい方)」

YJFX!(ワイジェイFX)

YJFX!は名前から連想できる通り、yahoo株式会社が100%出資で出来たFX会社です。

YJFX! FXのメリット
  1. スプレッドが狭い
  2. 最低金額1,000通貨単位で取引可能
  3. 取引量に応じてpaypayか現金がもらえる
  4. スマホアプリが「Cymo(サイモ)」は定評アリ

YJFX! FXのデメリット
  1. ニュースソースが少ない(1種類のみ)
  2. スワップポイントが平均的

YJFX!に向いている投資家
  • 「FX取引初心者で操作方法や基本的な知識をつけたい方」
  • 「小さな単位で中長期的にゆっくり保有量を増やして売買益を狙う中長期的な投資家」

IG証券

IG証券は英国に本社を構える金融オンラインプロバイダーで日本でも2008年からライセンスを取得し営業をしている老舗の企業です。

IG証券はFX以外にもCFD取引を通じて世界各国の個別株、日経平均株価やNYダウ、FTSEや原油等かなり幅広いラインナップが揃っており、中上級者もかなり利用しています。

FX取引の中でも「バイナリーオプション」はかなり日本のユーザーが好んで取引しており、IG証券は特徴が多岐に渡る金融オンラインサービス会社です。

IG証券は筆者も含めて元機関投資家や証券会社でトレーダーをしているようなトレーダーでも使いやすいと定評がある会社のため一度利用する価値はあると言える1社です。

IG証券のメリット
  1. ほとんどの通貨でスプレッドが狭い(競争力があるスプレッド)
  2. 大口制限なく大口lotも取引可能
  3. CFD取引でバイナリーオプションも取引可能
  4. 商品ラインナップが幅広くプロでも利用しやすい

IG証券のデメリット
  1. テクニカルのチャート画面が複雑(中上級者向き)
  2. テクニカルチャートは取引を利用しないと無料ではない
  3. 商品のラインナップが多く全体のサイトが見辛い

IG証券に向いている投資家
  • ある程度FX取引に慣れていて、FX取引も含めてCFD取引やその他商品を扱いたい方
  • 少額でFXバイナリーオプションを利用して高いレバレッジで取引に挑戦したい方
  • 投資自体に慣れているベテランの方

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券はGMOフィナンシャルホールディングスの100%子会社であり、GMOインターネットの孫会社として2005年設立されました。

GMOクリック証券はインターネットの総合証券会社としてSBIのある意味ライバル的な存在とも言えるでしょう。FXの他にも現物株から投資信託、CFD取引やクリック365まで商品ラインナップが揃っており、メインの証券会社の一つとして利用するユーザーが多い証券会社です。

ではGMOクリック証券のメリット、デメリットについて解説したいと思います。

GMOクリック証券(FXネオ)メリット
  1. スプレッドが狭い
  2. 取引アプリやツールがとても使いやすい
  3. スワップポイントが比較的良い
  4. FX以外にも商品が揃っていてポートフォリオを組みやすい
  5. デモ口座の利用が可能

GMOクリック証券(FXネオ)デメリット
  1. スプレッドが広がりやすい(10lotを超えるとスプレッドが拡大する場面がある)
  2. 最低取引単位が10,000通貨単位
  3. ロスカット手数料が発生

GMOクリック証券(FXネオ)向いている投資家
  • FXを短期売買でアクティブに行いたい方
  • FX以外(株や投資信託等)も今後検討している方
  • 取引アプリが重要として考えている方

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

LIGHT FXはトレイダーズ証券が運営しているFX取引プラットフォームです。トレイダーズ証券は「みんなのFX」というプラットフォームも運営しており、「何が違うのか?」気になる方もいるでしょう。

しかし両者に決定的な違いはなく、取引で利用する画面等が少し違う程度です。みんなのFXは後ほどご説明します。この2社はあまり大きなデメリットがないことや初心者でも利用しやすいことで定評がある2社であり、またスプレッドがとても狭いことからユーザー数を伸ばしてきているFX会社です。

LIGHT FXのメリット
  1. スプレッドが狭い(みんかぶFXスプレッド部門2019年第1位)
  2. スワップポイントがいい(みんかぶFXスワップ部門2019年第1位)
  3. トルコリラやメキシコペソ等エマージング通貨に力を入れている
  4. 1,000通貨単位から取引可能

LIGHT FXのデメリット
  1. 注文が通らないことがある(注文が滑って通ることがある)
  2. 早朝や指標時のスプレッドの広がりが大きい
  3. 取引ツールは評判が良くない

LIGHT FXに向いている投資家
  • 中長期的な運用でスワップポイント狙いの方
  • トルコリラやエマージング通貨を取引したい方

ヒロセ通商(LION FX)

ヒロセ通商は昔からFX取引のプラットフォームを提供している企業で「LION FX」というサービスを展開しています。

ヒロセ通商の特徴は他社はあまり好ましく思っていないスキャルピング取引を歓迎している珍しいFX会社です。

スキャルピングとは「超短期売買」のトレード手法で、数秒で数pipsの利益を積み重ねる方法で取引するトレードを指しています。

これはFX会社からすると利益を出せるトレーダーはかなりの利益を出し続けるためFX会社としては怖い存在です。

しかしヒロセ通商はこのスキャルパーと呼ばれるトレーダーを歓迎しているという点が特徴的でしょう。

ヒロセ通商のメリット
  1. スプレッドが狭い
  2. 1,000通貨単位から取引可能
  3. 24時間サポートやオンデマンドマニュアル等が設定されている
  4. スマホアプリが利用しやすい

ヒロセ通商のデメリット
  1. 経済指標等イベント時のスプレッドの広がりが大きい
  2. スワップポイントが良くない
  3. PCツールは使いずらい

ヒロセ通商に向いている投資家
  • 短期売買メインで他の分析ツールが利用できる方
  • FX初心者で1,000通貨単位で取引をスタートしたい方
  • スマホアプリからの取引が多い方

みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFXはトレイダーズ証券が提供しているプラットフォームで、先ほどご紹介したLIGHT FXと運営元は同じです。

LIGHT FXとの違いはあまりなく、みんなのFXはシステムトレードが可能となったり商品が少し多いという点が特徴として挙げられます。

スプレッドや手数料等は LIGHT FXとほぼ変わらないため、LIGHT FXと悩まれている方がいればどちらも口座開設して使ってみるのが早いでしょう。

みんなのFXのメリット
  1. スプレッドが狭い(みんかぶFXスプレッド部門2019年第1位)
  2. スワップポイントがいい(みんかぶFXスワップ部門2019年第1位)
  3. トルコリラやメキシコペソ等エマージング通貨に力を入れている
  4. 1,000通貨単位から取引可能

みんなのFXのデメリット
  1. 注文が通らないことがある(注文が滑って通ることがある)
  2. 早朝や指標時のスプレッドの広がりが大きい
  3. 取引ツールは評判が良くない

みんなのFXに向いている投資家
  • 中長期的な運用でスワップポイント狙いの方
  • トルコリラやエマージング通貨を取引したい方
  • システムトレードやオプション取引も視野に入れている方

外為ドットコム

外為ドットコムはFX会社の中でも日本では老舗のFX会社です。外為ドットコムは2002年創業と1998年にFX会社というものが解禁されてからある程度早期に参入していると言えるでしょう。

資本金も大きく信用力はFX会社でも当然高い水準です。

みんかぶFXで「人気」部門2019年第一位を獲得しており総合力ではかなり高い評判を得ているのがこのランキングでトップなことからも客観的に理解できます。

会社概要は下記の通りとなっています。

外為どっとコムのメリット
  1. 1,000通貨単位から少額で取引可能
  2. 情報力が豊富(研究所を設立してアナリストを擁している)
  3. 売買動向や相場の未来予想、天気等のオリジナルコンテンツが評判

外為どっとコムのデメリット
  1. スマートフォンアプリのユーザビリティが他社比劣後している
  2. 取り扱い通貨数が少ない
  3. スプレッドが決して狭いとは言えない

外為どっとコムに向いている投資家
  • 初心者で最初は勉強も含めて取引したい方
  • 情報力を求めるトレーダー
  • テクニカル分析は他のツールで補完しながら取引できる方

外為オンライン

外為オンラインFX取引を2006年から提供し始めたFX業界では馴染みの一社です。

外為オンラインの特徴は「iサイクル注文」や「オフセット注文」等外為オンラインのみ利用できる注文方法があることが特徴です。

また初心者向けのコンテンツが充実している点も初心者に優しいFX会社として力を入れていることがわかるでしょう。

外為オンラインのメリット
  1. 初心者向けコンテンツが豊富
  2. 情報力の充実性
  3. 1,000通貨単位の少額からトレードが可能
  4. 自動売買のサイクル注文利用可能
外為オンラインのデメリット
  1. スプレッドが若干広い
  2. 新興国のスワップポイントが他社対比あまりよくない
  3. スプレッドが決して狭いとは言えない

外為オンラインに向いている投資家
  • 初心者でセミナーやコンテンツで勉強したい方
  • 情報量重視のユーザー
  • 自動売買やサイクル注文であまりチェックせずに売買を行いたい方

中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行で、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーとしてマーケット畑を歩む。
【保有資格】証券アナリスト
【監修】投資しろうとでもきちんとたまる「しろたま」

FOLLOW

カテゴリー: