YJFX!(ワイジェイFX)のデモ口座の使い方と注意点を解説

6 min
YJFX!のデモ口座の使い方と注意点

FX初心者でいきなりお金を入金してトレードすることに抵抗のある方も多いでしょう。

個人的には少額でも実際のお金を入金してリアルなトレードを行うべきとも考えていますが、どうしてもそれができない方に向けてYJFX!で行うデモ口座の使い方等内容を解説していきたいと思います。

この記事で解説すること
  • YJFX!のデモ口座を詳しく知りたい
  • YJFX!は初心者でも大丈夫?
  • デモ口座で気をつける事は?

このような内容をここでは解説したいとしていきますので、不安のある方のストレスの解消に少しでも役立てることができれば幸いです。

YJFX!のデモ口座の使い方と注意点

FXを始める前に実際のお金を入れて取引することが怖い方は「デモ口座」を使いましょう。

理由としては、

  • バーチャルな資金(10万~1億円で任意設定が可能)で取引ができ、リスクがない。
  • リアルトレードと同じ環境で取引が出来る。
  • 初心者でも安心してFXを体験できる。

というメリットがあります。

一方でデメリットもありますので、「使い方を覚える」という意味ではおすすめという点を限定してお伝えしますので、その点を頭に入れて読み進めてください。

YJFX!のデモ口座の特徴

YJFX!は国内出来高第3位の人気FX会社です。

親会社は「ヤフー株式会社」なので資本面の信頼度は高いと言えるでしょう。

YJFX!のデモ口座は、本番と同じ環境で取引が可能となっています。

為替レートをはじめ、スワップポイントやスプレッドもリアルトレードと一緒のため、本番と同じ体験をする事ができます。

最初に、YJFX!に関する3点について以下の説明します。

  • 基本情報
  • 取引時間
  • デモ口座の開設方法

基本情報と取引時間

YJFX!の基本情報と取引時間です。

基本情報
通貨ペア25通貨ペア
最低取引通貨1000通貨単位
最低出金額1円
スプレッドドル円:0.2銭
ユーロ円:0.5銭
レバレッジ5倍、10倍、25倍
ロスカット基準証拠金維持率50%を下回る場合
取引時間
標準時間毎週月曜AM7:00~土曜AM6:50
夏時間毎週月曜AM7:00~土曜AM5:50

YJFX!の大きな特徴の一つが、「スプレッドが業界最低水準」ということです。

スプレッドとは、「FX会社が提示する売りと買いの価格差」を指しており、取引の際にトレーダーがFX会社へ支払う手数料という位置付けにもなります。

FXを行う上では手数料が低いほうが当然ベターと言えるため、スプレッドの低いFX会社がおすすめです。

デモ口座の開設方法

(デモ口座開設リンクは下記URLから)

YJFX!のデモ口座の開設は簡単にできます。

上記の公式HPのデモ口座申し込みページへアクセス、必要事項を入力するだけですぐに開設が可能です。

申し込みの必要事項は

申し込みの必要事項
  • メールアドレス
  • パスワード(自分で設定)
  • 仮想資金額を設定

のみでとても簡単にデモ口座の開設を行うことが可能です。

最初に上記のデモ口座開設をクリックすると下記のページに遷移します。

こちらに必要事項を入力の上「入力内容の確認」をクリックします。

次に内容のチェック画面に移りますので再度チェックしましょう。

「送信」をクリック後に送信完了のメッセージ画面が現われますので、これで口座開設完了です。

入力をして送信すると、登録メールアドレスにデモ口座用の「ID」「パスワード」が送られてきます。

送られてきたIDとパスワードでログインすることで、自身のデモ口座を使う事が出来るようになります。

下記がデモ口座のログイン画面で、実際のログイン画面とデモ口座のログイン画面は異なることに注意してください。

ただし注意点が一つあります。

仮想資金は10万~1億円までを設定できるのですが、途中で追加入金はできません。

最低額の10万円で設定すると、仮想資金が無くなった時にデモトレード不可になってしまいますので注意してください。

デモ口座のため、資金の金額はいくらでもいいですが実際に行うことが想定される金額よりも少し金額を引き上げておきましょう。

資金がなくなったとしても、別のメールアドレスで改めて登録することも可能なのでリアルなトレードに条件を近づけることが大切です。

YJFX!のデモ口座の使い方

デモ口座を開設したけど、使い方が良く分からない方も多いと思いますので、ここから利用法について説明します。

使い方が分からず取引をし続けると、バーチャルトレードでもすぐに資金は無くなってしまいます。

取引をする前には必ずデモ口座の使い方を覚えていきましょう。

環境別で使える取引ツール

YJFX!のデモ口座で利用できる取引ツールは全部で4種類あります。

しかも一つのアカウントで4種類の取引ツールを同時に使うことが可能です。

取引ツールごとに特徴があり、各自のトレード環境によって使い分けることができます。

デモ口座を使う目的の一つとして、自分に合う取引ツールを見つけ、快適なトレード環境を作るというのは大切な事です。

ぜひ、環境に合った取引ツールを見つけて下さい。

webブラウザ版

PCで使える簡易的な取引ツールです。

アプリのダウンロードなどをする必要がないので、どんなPCからでも見る事ができます。

動作環境は比較的軽く、そこまでパソコンに負荷はかからないでしょう。

ただし、外出中は取引画面が見れず取引もできないことが欠点です。

ブラウザ版だけを使うのであれば、外出中は取引をしない方が賢明であり、トレードの期間を伸ばして数日保有しておくようなトレードスタイルが適していると言えるでしょう。

スマホ・タブレットアプリ

外出中などの取引におすすめなのがスマホ・タブレットアプリ「FX Cymo」です。

「FX Cymo」はデモ口座専用が提供されます。

外出中でも簡単に取引ができる「ワンタッチ注文」が特徴です。

買いボタン・売りボタンが画面上に大きく表示されているので、すぐに取引がしやすくなっています。

しかし、ワンタッチ注文がしやすい反面「誤発注」のリスクもあるためこの点は慣れてから利用する方がいいと思います。

誤発注リスクを避けるために、「注文ロック機能」が付いていて安易に注文をしないようにロックをかける事もできます。

タブレット版はスマホ版と機能は変わりません。

大きい画面で見たい場合は、タブレット版がおすすめです。

PC版「Desktop Cymo」

YJFX!のPC用取引ツールアプリケーションは2つあります。

一つが「Desktop Cymo」です。

特徴としては

  • 画面がコンパクトで他の情報を見ながら使う事ができる。
  • 機能がシンプルで使いやすい。

という点が挙げられます。

取引機能がシンプルなため、じっくり時間をかけて利益を出していく中長期取引をする方にピッタリの取引ツールです。

PC版 高機能「Cymo NEXT」

YJFX!で最も人気が高く、高機能な取引ツールが「Cymo NEXT」です。

「Cymo NEXT」は取引に必要な機能を全て完備。

一画面に様々な通貨ペアチャートを表示することができ、幅広い取引が可能です。

損益表示は、ポジション別で見ることができ、一部のポジションに限定して利益確定や損切りなどができます。

取引において「損失対策」は非常に大事です。

「Cymo NEXT」は損失対策の指値をしないままアプリを閉じようとすると、画面に「警告」が表示され、大きな損失が出ないようにアラートが出てきますのでこの機能はとてもありがたいと言えるでしょう。

YJFX!のデモ口座のメリット

FXをはじめるにあたり、実際のトレードを行うことに不安のある方はデモ口座からはじめるのをおすすめします。

YJFX!のデモ口座を使うメリットを解説していきます。

仮想資金による取引で損失のリスクがない

デモ口座は「仮想資金」を使います。

YJFX!は10万円~1億円までの資金を自分で設定することができ、実際の資金を投入することなく、取引体験ができます。

もし損失が出たとしても、仮想資金ですから自分の実際の資金の損失はありませんので、リスクは0です。

実際の値動きで取引ができる

デモ口座とはいえ、画面で見る値動きは本番と同様です。

実際の値動きで、本番さながらの取引をデモ口座で行うことが出来ます。

ここで実際の取引方法について慣れてからリアルなトレードに移行することもいいと思いますが、注意点は「実際のお金ではないので損失や評価損益に対して鈍感になってしまう。(リスクこんんトロールが甘くなってしまう)という点」です。

デモ口座は非常に便利なシステムですが一長一短あるのでその点は認識しておきましょう。

自分に合ったトレードスタイルを模索する時間ができる

デモ口座は慣れているベテラントレーダーも確かに利用しています。

その理由は「デモ口座でまだアイデア段階のトレード手法を検証するため」です。

この使い方であれば、デモ口座と実際のトレードの大きな違いを理解しているトレーダーなので問題ないと言えるでしょう。

初心者のあなたもデモ口座を使ってトレードスタイルを探してみてください。

YJFX!のデモ口座の注意点

デモ口座を使う前に注意点も確認しておきましょう。

ここからはYJFX!のデモ口座の注意点を解説していきます。

デモ口座使用期間は30日間のみ利用可能

YJFX!のデモ口座は「使用期間が30日間」です。

限られた期間でデモ口座を使うことで、FXの取引のやり方や実際の値動き、自分に合ったトレードスタイルなどを集中して確認することができます。

貴重な30日間ですから、しっかりとした目的を持って取引に挑みましょう。

リアルなトレードと同じ環境と考えて取引をすること

デモ口座で気をつけなければいけないのは「自己資金で取引をしていない」という事です。

失敗して損失が出てもリスクはありません。

しかし、自己資金での失敗は「損失」を発生させるリスクが伴います。

デモ口座とはいえ、取引をする以上「自分の資金で取引をしている」と思ってやることが大事です。

そのメンタルがとても重要であり、この違いがわからずデモ口座で利益を出すと心が大きくなる初心者もいますので注意してください。

デモ口座と実際のお金を利用したトレードは心理的な負担が大きく違うということを理解する必要が大事であり、ここが理解できないといつまで経っても負けるトレードを行うでしょう。

元トレーダーからの大事な点を総括

「YJFX!のデモ口座の使い方と注意点」を解説しましたが、ここまで読み進めていただいたらYJFX!のポイントについては理解できたでしょう。

デモ口座は一長一短あり、特に私がトレードで知識よりも大事なことと考えている、「メンタルコントロール」がデモ口座ではなかなか勉強することが難しい場所でもあります。

そのため勇気のある方はデモ口座ではなく、いきなり入金を行なってトレードすることが負ける可能性は高いものの大事なことかもしれないとも思っています。

その分は勉強代として考えていいでしょう。

しかしYJFX!のようにデモ口座を提供しているFX会社があるのであればトレード検証のために利用したり、FX初心者の方は「注文方法やFXの仕組みを覚えるため」の場所として利用することがいいと思います。

必ずデモ口座で利益が上がっても実際に勝てるとは思わないでください。それだけ実際は難しいマーケットです。そこで投資を始めるということは世界のプロを相手にすることと同義であるということを認識して勉強するようにしましょう。

中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行で、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーとしてマーケット畑を歩む。
【保有資格】証券アナリスト
【監修】投資しろうとでもきちんとたまる「しろたま」

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事