YJFX!(ワイジェイFX)のメリットとデメリットを元大手証券為替ディーラーが徹底解説

3 min
YJFXのメリット・デメリット

これからFXをスタートしてみようと思う初心者の方に向けて、元大手証券会社の為替ディーラーが利用しているYJFXについてのメリット、デメリットを徹底解説していきたいと思います。

日本ではFX会社は何十という会社が存在し、一体どこのFX会社を利用すればいいのかわからないことでしょう。

しかしFX会社にはそれぞれメリット、デメリットが存在し、またどのような投資家向きなのかという特徴が存在します。

結論「YJFXは初心者向きで資産運用に向いているFX会社」ということもあるため、その理由が何故なのかを元大手証券会社の為替ディーラーの目線から説明していきたいと思います。

(元大手証券為替ディーラー徹底解説)YJFXのメリットとデメリット

YJFXのまとめ

「YJFXのポイント」

  1. 1,000通貨単位から取引が可能(資産運用では一番重要なポイント)
  2. スプレッドが狭い
  3. yahoo japanが100%株主のため安心
  4. スマホアプリが使いやすい
  5. テクニカル分析が使いやすい

1.1,000通貨単位から取引が可能

YJFXを利用するまず最初のポイントは「1,000通貨単位から取引が可能」ということです。これは資産運用としてFXを行いたいユーザーにとってはとても大事なポイントです。

FX会社では最低取引数(lot数)は10,000通貨単位とされているところが多い中、YJFXは1,000通貨単位ということで、最初の取引時に必要な証拠金額が少額で取引がスタートできます。

下記はレバレッジ25倍でUSDJPYを取引した場合の証拠金必要額や損益の違いを表にしました。

つまり数万円入れなくてもトレードを実際に行うことが可能で、練習ついでに実際のお金でトレードできる点がYJFXの魅力の一つとなっています。また「FX=投機(博打)」のような印象を持たれている方も多いですが、これは使い方が悪いだけであり、「資産運用としてのFX」を行うことを考えると「1,000通貨(0.1lot)」で取引できるということは、それだけ細かくリスク分散が可能となるということです。

1円ほど変動した場合における損益の動きも1万円となると少し大きいなと感じる方も多いですが、1,000円であればそこまで大きく感じない人が多いのではないでしょうか?

1,000通貨単位は「資産運用の為のFX」という意味ではとても重要なのでYJFXはこの点魅力的であり、利用しやすいといえます。

2.スプレッドが狭い

次のYJFXのポイントは「スプレッドが狭い」という点です。

スプレッドとはユーザーが取引する際の「取引コスト」と言い換えることもできます。

例えばYJFXでのUSDJPYのスプレッドは「0.2pips」でスプレッドとはFX会社が提示しているユーザーが売り買いする差を表しています。

下記がYJFXの通貨別の価格とスプレッドになります。

先ほどのドル円を例にするとYJFXで買うなら「106.34」で買えることになり、売るなら「106.32」で売ることができるということです。

1,000通貨単位の場合、0.1銭が10円計算になるのでコストは売りと買い両方の取引をしても20円のみということですね。

ドル円の0.2銭はとても狭いスプレッドであり、他の通貨に関しても他社と比較した時に劣らないスプレッドとなっています。

このスプレッドはトレーダーとしての「実質コスト」のため意識しておくべきポイントです。

3.Yahoo!JAPANが100%株主のため安心

次に会社自身の資本性をチェックしなければなりません。YJFXは100%株主がYahoo!JAPANであり、完全子会社で運営されています。

また顧客の資産管理についてもYJFXは「信託保全」されており、万が一YJFXが倒産したとしても顧客資産は守られるようになっています。

下記がYJFXの信託保全に関してのQ&Aです。下記のように信託財産として管理されている旨が明記されてあり、顧客資産が失われることはないと判断できます。

ここで注意なのはよく「分別管理」と「信託保全」を混同してしまう方も多いので間違えないようにしましょう。

信託保全:お客様の証拠金を信託口座にて保全することにより、法的にお客様の資金を守る仕組み

分別管理:FX会社が預かる顧客の証拠金の資産を、FX会社自身が保有する資産と明確に区分して管理すること

つまり信託銀行内で守られているのか、単純に口座を分けて管理しているかという違いですが、顧客資産が守られるかどうかで考えると大きな違いとなっています。

分別管理をしていると明記していても実際はわかりません。この点信託保全を行なっているFX会社は信頼できるということです。信託保全を行うにはある程度費用もかかりますのでその費用を払ってでも顧客資産を守るという姿勢の表れでもあります。

4.スマホアプリが使いやすい

YJFXはスマホアプリの見やすさに定評があります。他のFX会社では機能も充実していますが、FXをスタートするには「見やすい」、「簡単」、「使いやすい」という点がとても重要でありUI/UXがYJFXではしっかり考えて作られているという印象です。

このようにスプレッドやレートをチェックする大きさも指定することができ、また配色や通貨ペアも国旗と合わせて視覚的に見つけやすくしているのは素晴らしいと評価できる点です。

注文画面も下記のようにシンプルな作りになっています。

テクニカル指標も基本的なものが揃っており不自由に感じたことはありません。下記がそのテクニカル指標の一覧です。

やはり全てワンクリックで操作できるという点はとても取引する側としては楽であり、使いやすいと感じます。

5.テクニカル分析が使いやすい

YJFXのブラウザ上でのテクニカル分析も初心者に使いやすい仕様となっています。YJFXのチャート分析h「Exチャート」という名前となっています。

下記がチャート分析の画面です。

どこに何の機能があるのか視覚的にわかるようなアイコンや項目になっており、ストレスを感じることなく、チャートを利用することが可能です。

チャート分析は機能の豊富さというのも当然大事ですが、基本的な項目や設定が可能であれば案外分析はできるものです。

豊富な機能があったとしても複雑になるだけのためない方がベターとも言えます。テクニカル分析に慣れるという意味では使いやすいスタイリッシュな仕様でしょう。

中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行で、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーとしてマーケット畑を歩む。
【保有資格】証券アナリスト
【監修】投資しろうとでもきちんとたまる「しろたま」

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事